入江工研株式会社

お問合せ

メルマガ登録

ホーム特集:3Dデータで設計開発スピードが加速する

3Dデータで設計開発スピードが加速する─アングルバルブ・溶接/成形ベローズ・真空配管部品 3Dデータで設計開発スピードが加速する 3Dデータ─

設計現場でこのようなお困りごとはありませんか?

・設計後に部品干渉、寸法違いが判明し、大部分が再設計になってしまう・・・
・規格部品の3Dデータ化に手間が掛かり、主要な設計に時間を費やせない・・・
・2Dデータから完成品をイメージし設計できる技術者が社内にいない・・・
入江工研の3Dデータ提供サービスはこれらのお困りごとをすべて解決します!

3Dデータダウンロードはこちら

製品に関するご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

入江工研がデータを提供する理由

入江工研は、自らが技術会社であることから、技術者には主要な製品開発、設計に専念して欲しいと考えます。そのため、溶接ベローズをはじめ、バルブ、配管部品などの3Dデータを作成し、提供を開始しました。是非、ご活用ください。

データを活用することで得られる3つのメリット

メリット1. 時間とコストを大幅に削減

データを活用することで、部品を組み付けた後の干渉チェックが事前に行えます。そのため、後工程での再設計や手戻りがなくなり、大幅な時間とコストの削減に貢献します。

メリット2. 貴重な技術者の負荷を軽減

データを活用することで、購入する規格部品の3D化の必要はなくなり、技術者は主要な設計開発に集中できます。貴重な人材リソースを最大限に活かせ、品質の向上に多くの時間を費やせます。

メリット3. 社内の技術差を標準化

データを活用することで、技術者間の技術、経験の差を標準化できます。2Dデータと比べ、3Dデータは製品の完成イメージが分かりやすく、技術や経験による設計効率の差を少なくできます。

3Dデータダウンロードはこちら

製品に関するご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら